夜勤の方の住まいの決め方

昼間に寝るなら防音性を重視する

病院で勤務をする人は、定期的に夜勤が入ります。交代制などになるので、夜に勤務をするときはその前に寝ておく必要があります。一般の人は昼間に活動をして夜に寝ます。ですから昼間はそれなりに活動音がして、夜は音はあまりしません。夜勤がある人が賃貸物件を選ぶとき、防音性を重視した方がいいでしょう。まず自分自身が昼間に熟睡するためです。周りの人の音や周辺地域の音があると、十分な睡眠がとれません。また、自分自身が夜勤で出かけたり早朝に帰るとき、防音性の低いところだとその音が聞こえる可能性があります。住人に迷惑をかけてしまう可能性があります。自分自身のためにも、周りの住人のためにも、部屋から他の音が聞こえにくいところが良いでしょう。

出勤や生活に便利なところ

多くの人は、平日の昼間に活動をします。首都圏などの鉄道ダイヤを見ると、朝の7時から9時ごろ、夕方の5時から7時などに多くの鉄道が運行されます。多くの人が利用するのでそれだけは知らせてくれます。昼間や夜は本数が少なく、深夜だと全くないところもあります。夜勤をする人が賃貸物件を探すなら、通勤に便利でないと困ります。鉄道やバスなど公共機関を使うなら、行きや帰りに使えないといけません。自転車や原付、徒歩で行ける所なら、鉄道のダイヤを気にする必要がなくなります。生活に便利だと助かるでしょう。24時間営業しているスーパーや他のサービスがあると、出勤時や帰ってくるときに買い物がしやすくなります。コンビニはあっても24時間スーパーはあまりありません。

小樽の賃貸マンションは、地域別、築年数、駅からの距離他、条件ごとに探す事ができます。特に小樽駅、南小樽駅、小樽築港駅は物件数が多いので条件に合う所を見つけやすいです。